2012年08月20日

日進市 福島県内製造の花火の放射線量の測定結果及び放射能検査の分析結果等について


平成24年9月16日(日)

日進市にて昨年打ち上げが見送られた福島県内で製造された花火が打ち上げられます。

以前、日進市HPに掲載されていた放射線量に関する検査結果や考察などの情報をお伺いする機会がありましたので転載させていただきました。(現在日進市HPからは削除されております)

1 放射線量の測定結果(測定日 平成23年9月21日)
 (1)試料 福島県内製造の花火玉 80個
 (2)保管場所 愛知県西尾市内の花火工場
 (3)測定機器
 キャンベラジャパン株式会社製 ガンマ線測定用プローブ(SG-1R)
 キャンベラジャパン株式会社製 サーベイメーター(RADIAGEM2000)
 (4)測定方法
 測定機器を測定対象の表面に近づけ、30秒間の測定を5回行なった。
 (5)測定結果
  @試料
1回目 0.17μSv/h
2回目 0.16μSv/h
3回目 0.15μSv/h
4回目 0.16μSv/h
5回目 0.17μSv/h
   平均値 0.16μSv/h
  Aバックグラウンド(試料を置かない状態での測定)
   0.13〜0.14μSv/h
 (6)結果考察
   測定結果は、バックグラウンドと同レベルであり、異常値は見られなかった。

2 放射能検査の分析結果(検査日 平成23年9月21日及び9月22日)
 測定方法 γ線スペクトロメーター(ゲルマニウム半導体検出器)法
 測定時間 2000秒
 検査項目 ヨウ素−131、セシウム−134、セシウム−136、セシウム−137
 1、福島県内製造の花火(平成23年4月1日製造)
  *星、割薬 検出せず
  *玉皮 セシウム−134 32Bq/kg セシウム−137 36Bq/kg
 2、福島県内製造の花火(平成23年7月16日製造)
  *星、割薬、玉皮 検出せず
 3、福島県内製造の花火(平成23年7月30日製造)
  *星、割薬、玉皮 検出せず
 4、福島県内製造の花火(平成23年8月1日製造) 
  *星、割薬 検出せず
  *玉皮 セシウム−134 37Bq/kg セシウム−137 25Bq/kg

*製造年月日は、火薬を玉皮に詰めて製品として完成した日
*1 星  花火の光を出す固形の火薬
*2 割薬 星を四方八方に飛ばすための、玉の中央に詰められる火薬
*3 玉皮 火薬を入れる球状の入れ物

3 解説
 放射線量の測定結果及び放射能検査の分析結果について、愛知県産業技術研究所(愛知県刈谷市内)に相談し解説をいただき、これに基づき実行委員会では、「微量の放射線物質は認められるが、花火を打上げた場合、人的影響や農作物、河川等への影響はない程度と考える」と判断した。

4 実行委員会のコメント
 平成23年9月18日に開催しました当実行委員会主催のにっしん夢花火において、差し替えをした福島県内で製造された花火につきましては、その安全性が確認できましたので、次の機会において打上げていく計画を進めてまいります。
 菅野煙火店様をはじめ、川俣町の町民の皆様、福島県民の皆様に多大なご迷惑をおかけいたしましたことにつきまして、心よりお詫び申し上げます
ラベル:放射能
posted by 故蘭 at 15:15| Comment(6) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。
家族のリスクマネジメント勉強会・愛知支部と申します。

さて、私たちでは、放射能への不安を抱える全ての方に対して、リスクマネジメントで賢く安心して生活を送ることを一緒に考える勉強会を開催しています。
この度、愛知県日進市にて開催する運びとなりましたので、ご案内いたします。

ぜひ足をお運びくださいますよう、よろしくお願いします。

------------------------------
家族のリスクマネジメント勉強会 in 日進
『放射線・放射能と食品の安全性』

日時:9月2日(日) 10:00〜16:00 (開場9:30)
会場:日進市勤労福祉会館 1階 展示ホール
講師:半谷輝己さん
主催:家族のリスクマネジメント勉強会
後援:日進市
費用:500円 (子ども無料)
※子連れ可 (同室に託児スペース有。オムツ替え、授乳等もできます)
※先着50名で締め切ります。人数に空きがあれば当日参加も可能です。
★詳細に関しては、当勉強会のウェブページをご覧ください。
http://k-rm.net/aichi.html

東日本大震災、そして史上最大規模の原発事故発生から、1年半が過ぎようとしています。
私たちは未だに放射能への不安に苛まれています。
しかしこの不安感は、過去経験したことのない状況から自分や家族を守ろうとして感じている当然のものです。
だからこそ、どのようにこの気持ちと付き合っていったら良いのか、身を守るために本当に必要なことは何なのか、一緒に考えてみませんか?
Posted by krmaichi at 2012年08月25日 21:50
横からですが目に留まりましたので書かせて下さい。

上記のリスクマネジメント勉強会で講師をなさる半谷氏って、ジャーナリストで被曝からの避難などを呼びかける木下黄太氏を辱める内容の教材をお作りになってましたよね。一体何がしたいのですか?
そのような人格の方に洗脳のようなリスク管理をされたくはありません。
Posted by みどり at 2012年08月27日 12:03
家族のリスクマネジメント勉強会では「木下黄太氏を辱める内容の教材」は作成しておりません。事実無根ですので、よろしくお願いいたします。
Posted by krmaichi at 2012年08月27日 16:18
少し不安ですが、参加させていただきます。
Posted by at 2012年08月31日 19:07
少し不安ですが参加させていただきます。
Posted by つつじ at 2012年08月31日 19:09
コメントの確認が遅くなってしまい申し訳ございませんでした。

残念ながら当日予定がつかず参加することはできませんでしたが、お気遣いいたただき誠にありがとうございました。
Posted by 故蘭 at 2012年09月29日 06:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。