2012年02月25日

東京新聞:食品中セシウム 厳格基準を正式決定

食品中の放射性セシウムの新基準値を話し合う厚生労働省の薬事・食品衛生審議会が二十四日開かれ、魚や野菜など「一般食品」の一キログラム当たり一〇〇ベクレルなど、現行の暫定規制値から四分の一〜二十分の一に大幅に厳格化する内容が正式に決まった。コメや牛肉、加工食品など一部を除き四月一日から適用する。
 新基準値は一般食品のほか、「牛乳」と、粉ミルクや市販のベビーフードなど新設する「乳児用食品」が一キログラム当たり五〇ベクレル、「飲料水」が同一〇ベクレル。
 暫定規制値は「野菜類」「穀類」「肉・卵・魚・その他」が同五〇〇ベクレル、「牛乳・乳製品」「飲料水」が同二〇〇ベクレル。
 厚労省は、市場や消費者の混乱を避けるため一部食品に経過措置を設けた。コメは、二〇一一年産は暫定値とし、一二年産の収穫・流通が始まる時期に合わせて十月一日から新基準値とする。牛肉も冷凍保存されているものがあるため、十月一日から適用する。
 加工食品は三月三十一日までに製造、加工、輸入されたものは賞味期限まで現行の暫定規制値を適用。四月一日以降に製造、加工、輸入されたものは新基準値とする。
 茶や乾物などの基準値適用のルールも決めた。茶は原材料の状態では基準値の適用対象とせず、茶葉をお湯に入れた状態でセシウムの濃度を検査し、飲料水の基準値を適用する。乾燥シイタケなどは、原材料と、水戻しした状態の両方で調べ、一般食品として扱う。
 審議会では、厚労省が、子どもへの内部被ばくの健康影響を特に配慮した点や、新基準値の算出根拠をあらためて説明。昨年十〜十二月に各自治体などが行った検査で、新基準値を超えた食品は福島県で9・25%、福島県以外では1・13%だったことも報告した。
 新基準値をめぐっては、厚労省の諮問を受けた文部科学省の放射線審議会が二月十六日、了承する答申を出したが、乳児用食品などについて「厳しすぎる」と異例の注文も付けていた。

セシウム新基準.jpg
posted by 故蘭 at 15:10| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

放射能汚染から食料供給を守るため、苦悩する日本

<ニューヨークタイムズ>



【 放射能汚染から食料供給を守るため、苦悩する日本 】〈第1回〉
http://goo.gl/RhQzb
◆繰り返される政府の失態により、人々が汚染食品を口にする危険が高まっている

【 放射能汚染から食料供給を守るため、苦悩する日本 】〈第2回〉
http://goo.gl/RL2LB
◆「失ってしまった顧客を取り戻すためには、真実をすべて明らかにするしかありません」「政府の言う通りにしていたら、どうしようもなくなってしまった…」

【 放射能汚染から食料供給を守るため、苦悩する日本 】〈第3回〉
http://goo.gl/CqlVt
◆「行政側は基準値を上回っているか下回っているか、それしか公表しない」
「市民自身が信頼できる検査体制を構築していくしか道はない」
ラベル:放射能
posted by 故蘭 at 00:12| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月24日

沖縄も・・・

【給食に長野県産のエリンギ 沖縄県】

福島第1原発事故由来と断定できる
1・12ベクレル/kg の放射性セシウムが検出されたことが29日分かった。
http://www.okinawatimes.co.jp/article/2012-01-31_29251/


でました。「すぐに人体に影響を及ぼす数値ではない」
「すぐに」ではないかもしれないけど
「いつか影響を及ぼす数値」なのでしょうか。
posted by 故蘭 at 23:48| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。