2012年02月24日

薪からセシウム

環境省は24日、福島県の民家の薪(まき)ストーブの灰から高濃度の放射性セシウムが
検出された問題で、東北・関東の8県65カ所を調べた結果を発表した。
岩手など4県13カ所で、国が直接処理する基準の1キログラムあたり8千ベクレルを超える濃度を
検出した。最大は福島県南相馬市の同24万ベクレルで、川俣町でも同16万3千ベクレルに達した。
 

同省は8県に
(1)林野庁の指標値である1キログラムあたり40ベクレル以下の流通している薪などをできるだけ使う
(2)それ以外をやむを得ず使う場合は表面部分を取り除く――などの対策の周知を求めた。
 

放射性セシウム濃度が1キログラムあたり8千ベクレルを超えたのは岩手3カ所、宮城1カ所、福島8カ所、茨城1カ所だった。
http://www.nikkei.com/



MSN産経ニュースによれば、埼玉県さいたま市の保育園の給食から、
1キロあたり0・63ベクレルの放射性セシウムを検出した、ということです。


さいたま市は、2月13日に、市立保育園の給食の放射性物質の検査結果を公表。岩槻区の岩槻本町保育園で、
1キログラム当たり0・63ベクレルの放射性セシウムが測定された、とされています。



(ソース)
・MSN産経ニュース:さいたま市の保育園給食から放射性物質検出 基準値の1000分の1程度
 (2012.2.13 17:38)
 http://sankei.jp.msn.com/region/news/120213/stm12021317380003-n1.htm



給食の放射能汚染の深刻な状況については、共産党の宮本たけし議員が告発しています。
宮本議員によれば、セシウム汚染牛肉を給食で食べた可能性のある子供の数は18万人。
宮城県では、1キロあたり1293ベクレル超えもあったというのです。


posted by 故蘭 at 23:32| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。